FC2ブログ

運命に似た恋

 「どの時代の君を思い浮かべても、涙が出ます。
 君と離れてから僕は、まるで生きる屍でした。また、ひとりぼっちになった。」

 また、ひとりぼっちになるのかな?ときどき、悲しい顔をするけれど強く生きている。でもひとりのとき多くの涙を流しているのかな?

 本当にひとりになったら、どうする?
 どの時代で生きて、どの時代で死ぬのだろう?

 涙が出ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ロッカーCブルー

Author:ロッカーCブルー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR